世界経済とヨーロッパ経済
斎藤 智美ゼミ
従来の国民国家の枠組みを超えて、ヨーロッパ諸国は経済的連邦を形成しつつあります。EU経済の分析を通じて、国家と国家の枠組みを超えて活動が行われる経済の関係について考察します。
 
現代アメリカ経済の問題に迫る
名和 洋人ゼミ
アメリカ経済に関わる論点を、焦点を絞りつつ深く理解して、また自らの考え方を整理したうえで明示し、議論を深めていく力を獲得することをめざします。
    東アジア経済の特徴を考察する
佐土井 有里ゼミ
東アジアの「奇跡」から「危機」にいたる経緯とその後のリカバリープロセスを概観することにより、東アジア経済(特に中国、韓国、タイ、マレーシア、インドネシア、ミャンマー)の特徴を考察します。

世界の農業の姿と経済発展
杉本 大三ゼミ
経済発展との関係を見据えながら、世界各地の農業がどのように変化してきたのか、またこれからどのように変化していくのかを考えます。食料と農業に関する諸問題を、経済学の視点から理論的に考察します。
  「国際開発・協力」を考える
谷村 光浩ゼミ
国際開発・協力は、その理念においても、課題設定やアプローチにおいても、大きく変化してきました。特に「開発」「都市化」「空間」「公共性」を軸に、それらがどのようにとらえられ、いかなる政策が打ち出されてきたのかを考察します。

 

●中国経済論1本講義では、現在、グローバル経済にて主要なプレーヤーとなった中国の足跡をたどる。特に、新中国誕生後の毛沢東ならびに鄧小平の発展戦略を論じるが、現代中国の文脈においてのみならず、中国の悠久の歴史にも照らし合わせ、それぞれの特徴をより深く読み解く。

●中国経済論2本講義では、グローバル経済にて主要なプレーヤーとなった今日の中国、そして明日の中国に焦点を移す。グローバル化、知識経済化のなかで、また少子高齢化が進むなかで描き出される発展戦略や、故郷を離れ「外来者」として暮らす人々が形成する新たな経済・生活空間などの意味合いを読み解く。

●アジア経済論本講義では、日本、NIEs、ASEAN、中国、ベトナムと続くアジアの経済発展の過程を経済学の視点のみならず、歴史・文化・政治といった視点からも学習する。

●開発経済論本講義では、発展途上経済が抱える共通の問題を抽出し、現状を理解し、農業中心の伝統的社会からいかにして経済発展を為し遂げる事ができるのか、その可能性と政策を検討する。

●農業経済論講義の前半では明治期以降の日本農業の歩みを講義する。日本農業について具体的に検討する中で、農業技術や農業構造といった理論的な問題にも触れることにしたい。講義の後半では、農業政策の動向、農業と環境、日本農村の過疎化などについて検討する。

●国際経済論国際経済の動向に関するニュースは、毎日テレビや新聞で報道されているが、国際的な財やサービス、資金の流れの仕組みについて、十分な知識を持っている人は案外少ない。本講義では国際経済に関する基礎的な専門用語や概念の解説を行う。

●国際金融論2007年夏にはサブプライム問題が表面化し、これを皮切りに、世界の主要な金融市場が相次いで崩壊した。本講義では、外国為替、国際収支、国際貸借といった国際金融の基礎的な概念を学びながら,現在の変貌著しい国際金融におけるトピックについて考えていく。

●国際通貨論近年頻発している通貨危機や累積債務問題を国際通貨体制という側面から理解することが本講義の主な目的である。そのために、現代の国際通貨の概念、機能、問題点をしっかりと学んだ後、国際通貨体制の歴史的変遷を、イギリスを中心とした金本位制の時代から現代の変動相場制まで順を追って見て行く。

●経済統合論グローバル化と経済的相互依存が進展する世界経済は、さらなる貿易自由化と相互依存の深化を探っている。その一方で、EUに代表される地域的な経済統合の動きも活発である。本講義では、統合が進む世界経済の中における地域統合の経済的な意味について、理論的側面を中心に考察する。
●アメリカ経済論本講義では、主として1990年代以降現在までのアメリカ経済を取り上げる。具体的には、冷戦後にアメリカ経済が復活し、「唯一の超大国」が出現したこの間の展開を踏まえつつ、2008年以降の世界的金融危機と国際秩序の多極化、さらに近年の経済政策などについて言及していきたい。