新入生プログラム新入生セミナー

経済学部では毎年4月初旬に、新入生全員が参加する「新入生セミナー」を開催しています。

当セミナーでは、教職員紹介、1年次時間割作成、基礎ゼミナール履修に関わる説明、そして上級生からの応援メッセージなどのプログラムを実施します。

経済学部の提供するカリキュラムは幅広く、経済学を初めて学ぶ学生にとって「何を」、「どうやって」学ぶべきなのか戸惑ってしまうことも少なくないでしょう。そこで、経済学部では、経済学とは何か? 大学生活をどのように送ればよいか? など、新入生の多くが抱える疑問に答える場を用意しています。
デイハイク

経済学部では毎年4月に、授業の一環として「デイハイク」を開催しています。このイベントは、岐阜県・馬籠(まごめ)から長野県・妻籠(つまご)までの約8.5kmを新入生と教員が一緒にハイキングするものです。新入生歓迎行事の一面もありますが、それ以上に、これはフィールドワークを重視した経済教育の一環という性格をもつ行事です。

この地域は、愛知の経済研究にとっても極めて重要です。現実の経済の歩みを自分の目で見て、身体で実感して、経済理論を検証・反証する——こうした作業をフィールドワークの中で行うことを名城大学経済学部は極めて重視しています。

入学して最初に経験する大きなイベントです。自らの行動を通じて経済学の理論を実証するという研究の方法を、実感しましょう。


基礎ゼミナール

高校までの授業と大きく異なるのがゼミナール(通称:ゼミ)。少人数のクラスで、双方向によって行われる授業です。専門分野の知識や技能を身につけるために、自ら指導教員を選び、双方向による指導のもとで学術研究に取り組みます。

「基礎ゼミナール」は、1年生を対象に専門分野に進む前段階として、専任の教員の指導・アドバイスの下で、経済学の基礎的知識や考え方などを、少人数(18~20名)クラスで学ぶ、非常に重要な科目です。

基礎ゼミナールは、各学科のゼミナール部門の選択科目で必修科目ではありません。したがって、卒業に際して履修が絶対に必要な科目ではありませんが、「ゼミナール部門」で定められた最低取得単位(卒業に必要な単位数)に到達するためにも、経済学部として、基礎ゼミナールの履修を強く勧めています。


担当教員 基礎ゼミナール サブタイトル
新井 大輔 現代日本の経済・社会と私たち
伊藤 健司 「まちづくり」、「観光」、「流通・小売」、「地場産業」から地域活性化を考える

大瀧 真俊

歴史の視点から日本の経済をみる・読む
折原 卓美 新聞を読んで見よう
川森 智彦

口頭報告・論文作成の方法および論理学の初歩

岸川 富士夫 社会への扉をひらく
小泉 和也

スポーツ(する・みる・ささえる)から日本経済を考える

斎藤 智美 レポート作成とプレゼンテーション
澤田 彰博

経済学とはどんな学問か〜初めて学ぶ経済学入門

杉山 清

Webとグローバリゼーションの21世紀の新しい時代に、私たちはどのように生きたらいいのか、そのための考え方を探求する

名和 洋人

議論を通じて深める『現代の資本主義経済』

西山 徹

『ヴェニスの商人』を読む

松尾 秀雄

市場経済の理論と歴史と諸問題

蓑輪 明子

大学とは何か~学び・キャリア・バイト・奨学金から考える

李 秀澈

現代社会と日本経済 ―地球温暖化と日本のエネルギー問題を考える


├→ 2016年度基礎ゼミナール一覧