実証経済分析を学ぶ
澤田 彰博ゼミ
統計的・計量経済学的な手法を用いて、現実経済を実証的に分析するための方法論と実践力を養うことを目的とします。
 

経済データを統計的に分析する
勝浦 正樹ゼミ
現実の問題を統計学的な方法を用いながら、いかに理解し、分析し、解決していくのかを身につけます。まず基本的な統計学的方法を身につけ、自分の興味のあるテーマについて、データを収集し、分析し、論文にまとめます。

  世界経済危機の解決に向けて
野口 光宣ゼミ
サブプライム問題に端を発した世界経済危機の背景を理解し、原因の究明や解決策の模索を行います。マクロ経済学の方法をマスターし、経済関係の新聞記事、ニュースなどを深く理解できるようになることが目的です。
   

●経営データ分析1

会社の数字を読み、会社の置かれている現状を認識し、それを自分の仕事の中に応用できることは、これから社会に出ていく上で必須の能力である。このような能力をつけてもらうために、この科目では実際に企業データを用いながら、毎回実習を行う。

●地域データ分析

地域に関する様々なデータの収集、加工、分析、発表を行う。都道府県、市町村スケールなどで利用できる国勢調査、工業統計、商業統計などの統計データを収集、加工し、表、グラフ、地図を作成して分析する。

●情報の経済学

情報の経済学とは、従来の経済学が無視しがちだった情報や知識の不完全性の問題と真正面から向き合おうとする経済学だと言える。市場における情報の偏りのことを情報の非対称性という。たとえば、保険会社は客の危険率を正確に知ることができないし、患者は医者の提供する医療サービスの内容を完全に理解することができない。本講義では、このような情報の非対称性が市場でどのような問題を引き起こし、それらの問題がどのように解決されるかを、情報の経済学の創始者であるアカロフ、スティグリッツ、スペンスの理論をベースに学ぶ。

●統計学1

数学としてではなく、社会科学としての統計学の基本的な方法をマスターすることを目的とする。統計学の基礎である記述統計の諸方法、すなわち度数分布、代表値ならびに散らばりの特性値、基準化変量、相関係数、回帰分析について、順を追って学習していく。また、初めの2回の講義では、統計学がどのように役立つのかについて、統計データの見方(統計データにいかにだまされないようにするのか)を例を示しながら説明する。

●計量経済学

計量経済学とは、経済分析において利用される統計的処理法を扱う学問である。本講義では、計量経済学の基礎理論を解説し、計量経済分析に用いられる各種手法の理論的側面について詳しく学ぶ。また、必要に応じて電卓やコンピュータを用いた実習をおこない、計量経済分析の実践的側面についても学ぶ。計量経済学における理論と実践の両面を習得することが、本講義の目的である。

●経済データ分析1

この科目の目的は、パソコンで実際のデータを扱いながら、経済関連のデータをいかに分析するのかを、実践的に理解することにある.変化率、構成比等の初歩的なデータ分析から初め、統計学の方法と関連させながらデータの分析方法(計算方法及び結果の解釈など)を学習していく。また、分析手法だけでなく、経済データの実際的な側面、すなわちどのようにデータが作成されているか、どのようにデータを収集するかなどについても、できる限りふれる予定である。