現代社会を歴史的に認識する
折原 卓美ゼミ
経済史についてのテキストを分担して報告・討論する中で、経済発展の歴史的経過に対する理解を深めます。
 
ダニエル・デフォー『ロクサーナ』を読む
西山 徹ゼミ
本演習は専門的な学習に要求される情報収集能力、読解能力、文章構成能力、プレゼンテーション能力を養成することを目的としています。
    現代への社会思想的挑戦
岸川 富士夫ゼミ
いかにして経済は新たな社会的連帯を可能にするのかという問いをめぐって、社会思想の歴史と現代とを駆け巡ります。そこでの自分の生きる意味を問いつつ、アプローチします。
  歴史の視点から日本の経済問題を考える
大瀧 真俊ゼミ
日本経済の歴史に関する文献や資料に触れることを通じて、現在の経済・産業問題が生じた歴史的背景を知るとともに、長期的な視点から物事を考える力を身につけます。
 

●イギリス近代思潮

本講義においては、17、18世紀の社会的事象を概観しつつ、イギリス近代初期の代表的な思想家ベイコン、ホッブズ、ロック、ヒューム、スミスらの古典的著作の意義を考察する。社会的事象と思想の相互作用の中で新しい社会体制が生成されていく過程を明らかにしたいと思う。

●社会思想史

現代社会は今、貧困、性差別、民主主義の空洞化など重要な問題をつきつけられ、大きな転換期のただなかにある。こうした現代社会の諸問題を念頭におきつつ、本講義では、近代市民社会の思想と現代社会の思想について分析をおこなう。自由、平等、女性の自立などがどのようにとらえられたかを明らかにすることによって、現代社会におけるわたしたちの生き方について考えたい。

●日本経済史

本講義では、近現代の日本において経済・産業がどのように発展を遂げてきたのかについて解説する。それを通じて、現在の日本経済が抱えている特徴や問題がいかなる歴史的経緯から生まれてきたのかを理解してもらうことが目標となる。特には各時代の出来事と現在とのつながりに解説の重点を置いて、今の経済問題を長期的視点から捉える力を養成する。また世界経済(特にアジア)との関係史にも重点を置き、グローバル化のあり方を考えるためのヒントを提供する。

●経済史総論

本講義の目的は、大学で経済学を学ぼうとする学生に対して経済学の基礎となる歴史認識を涵養することにある。経済学は言うまでもなく人間社会の経験的事実を研究対象としており、歴史認識と深く関わりながら発展してきた学問である。したがって、この講義では、現代の私たちの日々の生活の基礎となっている資本主義経済の仕組みがどのように形成され、発展してきたかを歴史的に見ていくことにする。

●西洋経済史

今日に社会を経済の仕組みがどのようにして成立してきたのか、またどのように変化してきたのかを、資本主義経済の発祥の地、そして中心地であった西ヨーロッパやアメリカ合衆国を中心に概観し、その理解を深めることがこの講義の目的である。

●経済思想史

本講義では、とくに、19世紀後半から20世紀初めにかけての経済思想に焦点をあて、そこで思い描かれた経済社会のビジョンについて概説する。この時代は、自由主義的資本主義が行き詰まり、その姿を変えていく転換期にあたり、やがて資本主義は福祉国家型資本主義へと変化する。そんな時代に、不平等、自由、消費、貨幣、失業などをめぐって、どのような思想が展開したのかを講義する。

●近代経済学史

経済学は、 アダムスミスによって始められたといわれている。 個人が利己心に基づいて行動すると、 それが全体にとっても良い結果をもたらすという 「発見」 が、 経済学の出発になった。 経済学は、 このことをめぐる様々な論争の中で発展してきた。 今日激しくたたかわされている政策論争も、 実はこの命題をめぐるものである。 このことを講義していく。