経済学部での学びの幅の広さ・深さは、教員の研究からもうかがい知ることができます。
このページで紹介するのは、教員から高校生のみなさんへのメッセージ。
未知の世界に興味を感じたり、もっと知りたいと思ったら、そこがあなたのスタート地点です。
頭の中に浮かんだ「なぜ?」をひとつの糸口に、明日の社会を描き出す力を高めよう。

歴史を学ぶと、現在の経済問題を
考える上でのヒントが得られる

経済学科 助教 大瀧 真俊

“ものづくり愛知”は2つの産業構造を
持ち、連携・補完しながら発展

産業社会学科 教授 渋井 康弘

あの国はガツガツ派この国はノンビリ派
みんな違うからアジアは面白い

経済学科 教授 佐土井 有里

問題も魅力もケタハズレ
インドにはまると抜けられないかも

産業社会学科 教授 杉本 大三

二度と戦争はしない。そんな思いが込められた平和の通貨「ユーロ」。

経済学科 准教授 斎藤 智美

日本の子どもの6人に1人が、
貧困状態という衝撃。

産業社会学科 准教授 山田 浩貴